1月期と7月期でテキスト1冊を履修 ドイツ人の意外な生活習慣を紹介する教科書を用いて、読解力・作文能力の向上と、関係文などやや難しい文法知識の定着を目指します。今学期はテキスト前半を学び、後半は7月期で学習します。大学でドイツ語を教える日本人講師が日本語で説明します。中級ドイツへの橋渡しとして最適です。 1月期の内容(2回の授業で1項目): 1.授業中の生徒(関係詞) 2.ドイツの女性(zu不定詞) 3.答案の記載(受動態) 4.タクシーのとめ方(不規則動詞、3・4格支配の前置詞) 5.猛暑日の対応(比較・接続法1式) 6.犬と猫の購入(接続法1式、合成語) 7月期の内容(2回の授業で1項目) 7.ベッドの大きさ(前置詞と定冠詞の融合形、現在分詞) 8.ドイツの広告(lasenの用法、場所を示すaufとin) 9.除雪(疑問詞welch‐、前置詞) 10.話途中の質問(現在分詞・過去分詞) 11+12.結婚制度(接続法Ⅱ式)

定員8名 対象独検3級程度 (A2~B1くらい)

締切:授業開講日の3営業日前10:00
*締切後も定員に空きがある場合は、申し込みを受け付けます。


一覧に戻る

学習経験者向けレベルチェック
欧日協会 ドイツ語ゼミナールで受講経験のない方の中で学習経験者はレベルチェック(無料)を受けて頂くことをオススメします。
一覧に戻る

コース形態グループレッスン 
学習内容テーマ別(時事・歴史・その他) 
レベル初級 
日程

日曜クラス:3月31日(日)~6月16日(日)

休校日:5月5日(日祝)

13:00~14:30

時間数:1.5hx11

 
クラス人数4~8名 
講師T. Sakamaki 
使用教材

『ドイツ人の生活を知る11章』大谷弘道 著 三修社

 
学費入学金 : 10,800円  受講料 : 31,400円  教材費 : 2,700円